木苺環境構築、cmakeやsubversion、mjpg-streamer。

vncで操れるようになりましたので、
コンパイル環境整えておきます。

前回同様、こちらの記事から。

CMakeのインストール
$ sudo apt-get -y --force-yes install cmake
(--force-が古いと警告でましたが完了しました)

Subversion/Gitのインストール
$ sudo apt-get -y --force-yes install subversion git

OpenCVのインストール
$sudo apt-get -y --force-yes install libopencv-dev python-opencv

特に問題無く完了。
mjpg-streamer入れました。

テスト用のカメラが認識しているのは
lsusbで確認済み。
$ cd ~$ sudo apt-get install -y cmake libv4l-dev libjpeg-dev
imagemagick

$ git clone https://github.com/jacksonliam/mjpg-streamer.git
$ cd mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental
$ sudo make
$ sudo make install
$ sudo cp -r www /var/www

スクリプトにすれば良いのですが、
先ずは動作確認。

$ sudo ./mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -f 10 -q 50 -r 640x480
-d /dev/video0 -y -n"
-o "./output_http.so -w ./www -p 8080
-q 50・・・画像品質50%のはず
一発起動!
cronにDDNS更新とか、
あとは現在動いてるPi1を参照して
書き込んでいきます。

本日ここまで・・・と思ったのですが、
ベタさん水槽のPi1と交換しました。

ローカルIP変更したので、
ルーターのポートマッピングの
アドレスを変更。
(こっちのほうが手っ取り早い)

で、外部からは全く同一URL。
スマホ使って動作確認済み。

このまま様子みます。
詳細後日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント