木苺到着。

ラズベリーパイ、新たに発注しました。
これで3個目です。

名称に関して誤解してましたので、
ちょっと整理。

結局手元のは2台共Model-Bで
基板形状違うのがModel-Aでした。

現在苦戦してる初期バージョンPi-1、
ようやく安定してきました。

実家で活躍中なのはPi-2。
やってる事は一緒ですが、
ラズビアンOSは、一つ前のstrech。

現在、Pi-4が出ていますが、細かな
ハード互換性が切り捨てられてますので
Pi-3にしました。

これを考えましたが・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Raspberry Pi3 ModelB BM-RBPI3MB
価格:4980円(税込、送料無料) (2020/10/20時点)

楽天で購入
これはPRC製ですが、
本家のMade in UKがアマゾンで
同じ位の価格でした。

関係無いですが1960'sブリティッシュに
憧れる私には・・・雰囲気で・・・

と言うか、ネットワーク系が若干高性能で
お得なModel B+、こちらにしました。

紛失してた例のUSBハブと実験用カメラ、
押入の奥から出てきましたので、
それを使って、現状のPi-1と
同じ状態まで構築予定です。

IPアドレスとホスト名位は変えておいて
後で一気に入れ替え予定です。

Pi-3では、現状通りVNCで
OSは最新のbusterを予定。
先ずはWi-Fiも止めて有線で。

あと完全にssh使わない設定に。
安定後は放置気味になるので。

入れ替え後のPi-1こそ、sshで
いじり倒してみようと思います。
(非力ですし実験機はシンプルに)

届きました。
部品点数少ないものです。
この状態から早速ヒートシンク。
ケースにも組み込んでみましたが・・・
microSDカード、押し込んで
カチっと抜き刺しするタイプでは無く
抜く時は引き抜くようです。

ケースが邪魔で無理・・・
基盤単体に戻しました。後で考えます。

sshせずに、最初はスタンドアロン状態。
USBハブにキーボードとマウス、
HDMIケーブルでテレビへ。
OSイメージは最近だと
色々な方法あるようですが無難に。

Raspberry Pi OS (32-bit) with desktop

Image with desktop based on Debian Buster

CPU的に64bitで動かせるようですが、
公式での公開は無いようです。
先ずは例のユーザ名変更。こちらを参考に。

[Raspbian]ユーザ名変更の個人的に「正しい」と思うやり方

試しにGUI(Desktop)上で全て行おうとしたら
tmpユーザでログインできませんでした。
やっぱりCUI(CLI)上が確実ですね。

tmpユーザを作成して、
GUIからCUI起動へ(Desktop⇒CLI)
日本語部分が文字化けしてますが、
予測できるので、強行突破。

tmpユーザで起動できない・・・
このチェック外して無かったため。
これでOK。
tmpユーザでログイン後、
piユーザを新規ユーザ名に変更して、
新規ユーザでログインしてから
tmpユーザを消して完了。
単純にpiユーザを消さず、入れ替え。

GUI起動に戻して次は、ネットワーク設定。
その前に、
WiFiはOFFにしました。この後BTもOFF。

設定ファイルの編集、
現時点ではvim使えずviです。
sudo vi /etc/dhcpcd.conf

慣れてる方は魔法のように操作しますが・・・
使いながら操作思い出しつつ苦戦。

編集失敗したら「Esc」:q!(保存せず終了)です。
細かい操作は以下を参考に。

viエディタの使い方


pingがG/Wまで届いたら、VNC設定。

木苺側は先にラジオボタンを切り替えてました。
クライアント側のWindowsパソコンは
既存の設定をコピーしてアドレス変更程度で、
無事完了。
即アップデート。vimは個別に指定。
キーボード/マウス/HDMIケーブルを撤去。

イメージをバックアップして、
本日はここまで。地道に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント