トーナメントタイプのワイパーへ回帰。

撥水タイプのゴムだけ各社リプレースして
個人的な感想。
(フロントガラスは、rainX/フッ素コート済みの状態です。)

PIAA製は、乾燥気味の時ギーっと
鳴きやすく扱い難いイメージです。
撥水細かめ。

ガラコ(soft99)製は、入手が楽で
最初の撥水結構良いけど、へたり易い。

NWB製が、扱い易くて持続力もある感じです。
それが故、夜間ぎらつき多めかも?

但し純正のデザインワイパー、撥水タイプだと
古くなくても特定箇所で拭きスジが出ます。

また、高速走行時、動かしていない
デザインワイパーの数センチ上は
風圧受けず撥水が半端です。

高速走行時に動かす際、別に多少
浮き上がっても気にならないはず。

そこで・・・
昔ながらの定番な構造、
トーナメントタイプにしてみます。


注意点。
入手した助手席側400mm、ゴムが6mm幅です。
今まで全て9mm幅でしたので、
ここだけ互換性なし。後で考えます。

それと、このまま付けるとアームに干渉します。
よくみたら純正デザインワイパーの形状が
既にオフセットしてました。

アダプター使います。

運転席側は必須、助手席側は
無くても何とかなりそうですが、
心配なので付けておきます。

運転席側、交換後。
ちなみに運転席側、交換前。
助手席側、交換後。
助手席側、交換前。
外から見ると複雑な感じですが、
車内からは、視界良くなったかも。

何かあったらすぐ戻せるように、
今まで使ってた物は車内に入れときます。

雨天走行後。

ワイパー本体周辺の撥水は、
純正デザインワイパーの時と
さほど違いませんでした。

拭き上げに関しては、断然トーナメント。
やっぱりそうです。均一な感じ。
納得したので、このまま使います。

助手席のアダプターは不要で外しました。
運転席側は1cmくらい上に移動してますが、
慣れると別に違和感無いレベルです。

調整できると思いますが、冬用を
使う際に支障出ますのでこのまま。


PS:
ラベンダーに大きなアゲハ蝶。
ラベンダー気に入ったようで、
カメラ向けても離れず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント