ゲストSSID活用、WiFi設定見直し。

セサミのWiFi-APが
2.4GHzでしか動かない事もあって
バンドステアリング機能を外し
5GHz/2.4GHz、別々のSSIDと
していましたが、

ちょっと勿体ないので別な方法を
考えてみました。

オーナーSSID:
・2.4GHz/5GHz、バンドステアリング機能
・2.4のデュアルチャネルは使わない
・5のクワッドチャネルは使う
・スマホなどメイン

ゲストSSID:
・2.4GHzのみ使う
・ここにセサミのWiFi-APを接続
・タイマー機能は使わず、連続

オーナー/ゲスト共通(現状通り):
・WPA2-PSK(AES)
・MACアドレス認証
⇒面倒なだけなので解除
認証というより、フィルタですので

・WPS(PIN方式)・・・使わない
・ネットワーク分離機能
・SSID内分離(セパレーター)

ゲストは何が違うのかと思ったら、
詳細な設定がオーナーSSIDに依存するようです。
それで構わないです。

以前似たような感じでダメでしたが、マニュアル
読み直すとやはりできそうですので、
順番に設定変更。



①ゲストSSIDを使用可能に
⇒スマホをここに仮接続

②現状のオーナーSSIDの2.4GHzのパスワード変更
⇒セサミのWiFi-APの電源を入れ直して赤点滅(切断)を確認

③スマホでセサミ・ミニから青牙経由で
セサミのWiFi-APを検知⇒ゲストSSIDへ接続

ここでダメなら戻そう、と思ってたら・・・
意図した通り、繋がりました。続行。

④オーナーSSIDをバンドステアリング化
⇒スマホを接続しなおし

特にリンク速度の比較はしませんでしたが、
悪くはならないはずですし・・・満足。


送信出力、
5GHz・・・50%
2.4GHz・・・25%
絞り込んでいます。

これもバンドステアリング化で
50%に統一されるようです。

それと2.4の「プロテクション機能」
フローコントロールはOFFにしました。
極端に遅くなるならONですが、
ひとまずOFFで。

効率良い場所に設置したいと考え、
既に玄関付近に移動させていました。
例の屋内配線使用

繋ぎ替えて気が付いた事:
・家の反対端が弱くなる
・使っていて違いは殆ど判らない

テレビ等とWiFiルーターを
離すべきと考えてましたが、
青牙、BTは2.4GHz帯ですので
・玄関のセサミ
・トイレのリモコン
・台所(電子レンジ)
このへんを気にすると・・・

画像
壁掛けが良さそう。

配線が何とかなれば・・・
画像
こっちまで持ってきたい。

電源は簡易PoEという手もあり、
配線減らせますが、

有線LANも必要な私の場合は
LANケーブル2本伸ばすので、
あまり引き回すと・・・邪魔です。

結局・・・元の場所
(レコーダーの上・テレビの下)で
良いのかも。⇒戻しました。


壁掛けしようとしましたが、
フックが甘く・・・今回却下。

後日、仕切り直します。


それよりも本題、
パケットフィルタ設定、見直し中です。
詳細後日、別記します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック