BluesBoy's日記

アクセスカウンタ

zoom RSS DC5Vをエフェクター電源として活用。

<<   作成日時 : 2018/07/23 23:12   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ギターのエフェクターは006P/9V電池や
ACアダプタでの動作が一般的ですが、
画像
DC5V-DC9V変換ケーブル発見しました。



作ると、すったげ面倒臭いのですが、
この値段ですので・・・即買い。

プラグ部分の径は見た目が若干小さいですが、
画像
手元のジャックに刺すと、丁度良いです。

USBなのでパソコンに繋いで
DC5V供給して、出力電源テスト。

DC8.6Vですが・・・大丈夫でしょう。
一つだけ注意点。
画像
センター"プラス"です。

予想してましたが、予想通り。

BOSS/RolandのACアダプタ、
画像
センター"マイナス"。

センタープラスで使う事は、
ほぼ無いので躊躇しません、
画像
ぶっつり切って・・・

(左上の006P電池は、秋月で買ったNi-MH。
象さんの本体用にしてます。)

画像
赤/黒、反転して接続。

画像
いつもの極性です。

デジタルディレイとデジタルディメンジョン、
割と消費電力大きいですが、このケーブル
1,000mAまで流せるらしいので、
画像
まとめて3台OKでした。

音出してませんが、大丈夫でしょう。

表記上での判断ですが、前述のボスの
アダプタの5倍も電流に余裕あります。
8.6Vが降下しなければ良いのですが・・・

もう一本のケーブルも
画像
同様に加工。

そして、DC5Vはパソコンからではなく、
画像
モバイルバッテリからの供給で、

画像
歩くコンサート、豪華版。

容量不足等で、ケーブル2本以上使う時は、
バスパワーのUSBハブで分配ですね。

まだ音出していませんが、AC電源
使わないのは、ノイズの点でも有利かも。
バッテリの持ちなど含めた検証は
後日にします。

それにしても・・・
30年前は面倒臭かった事が、
手軽に準備できる便利な時代。
やりたい事が追い付きません。

にほんブログ村 バイクブログへ BluesBoy's YouTube Blues Boy

テーマ

関連テーマ 一覧

関連記事の引用等でのリンク及びトラックバック通知は構いませんが、明らかに宣伝目的だけの場合は削除します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

注意事項

 関連記事の引用等でのリンク及びトラックバック通知は構いませんが、明らかに宣伝目的だけの場合は削除します。



BB'sランキング








DC5Vをエフェクター電源として活用。 BluesBoy's日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる