テーマ:

タイヤ交換、2019春。

気温も上がってきました。 先週びーさん替えましたが、 葉っぱさんも替えました。 パワーレンチ、4本まとめて使ったほうが 作業効率良いですね。 ①パワーレンチ準備(緩め方向に設定) ⇒4本全て緩める ⇒終わったら(絞める方向に切替)隅に寄せる ②ジャッキ・クロスレンチ・グリス準備 ⇒交換後はクロスレンチで軽く絞め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カードホルダー

充電カードを百均のホルダーに 入れてたら、曲がって折れそう でしたので、 革のホルダーにしました。 反対側は、 ピアノ柄。 【東京アンティーク】 パスケース 楽器 レディース 定期入れ かわいい カードケース 人気 【メール便可】 ★価格:1404円(税込、送料別) (2019/4/6時点) PS: 最近のバッテリ状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤワックス。

先週、妹のクルマのタイヤ交換しましたが、 雪降って、まだ微妙な時期です。 ちなみに、雪が無い状態でも 気温7度以下であれば、夏タイヤよりも スタッドレスのほうがスリップし難いので、 かえって摩耗しないそうです。 替えてる時に、タイヤの状態を確認しましたが 年数が経過し、ゴムの硬化とヒビ割れが 心配です。 タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撥水ウィンド・メンテ準備。

まもなくタイヤ交換の時期ですが、 その前に、撥水ウィンドをメンテ。 ウォッシャ液も撥水タイプを使ってますが、 最近、ウォッシャ使うと撥水取れる感じです。 そういえば、最近 これを継ぎ足してました。 その前までは、これです。 レインX スーパーレイン・XGTウォッシャー2LDCMオンライン ●容量:2L。 ●【耐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッテリと急速充電環境の状況、2018年12月。

2回目の車検も済ませ まもなく120,000km。 5年または100,000kmの保証期間が 完全に切れましたが、 バッテリは、12セグ維持。 見かけ上は、極めて良好です。 ですが秋にSOH=89%を確認していましたので、 そろそろセグ欠けかも、と思ってました。 今朝のLeafSpyのバッテリ健全性、 何故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モバイルバッテリを12V昇圧。

DC12V出力可能なモバイルバッテリが 既に手元にありますが、DC5V出力のみの モバイルバッテリからDC12V取ってみます。 DC/DCコンバーター入手。 Rasbee 4A DC-DC調整可能なブースターモジュール 昇圧レギュレータ 電源モジュール XL6009 1個 [並行輸入品]Rasbee Amazonアソシエイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん車検中、2018年。

代車で母を連れドライブ。 オガーレへ行って鮮魚を買い、 男鹿市文化会館向いの よく利用する海鮮市場にて食事。 祝・ユネスコ登録。 海鮮丼、あら汁が美味いです。 鱈の他、色々な魚の アラ入りのようでした。 巨大な真鯛の魚拓。 新型リーフ、 障害物の接近アラームなど センサ類が充実。 (幅の狭い自宅駐車では反応し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、スタッドレス装着・・・2018年。

日中の気温も一桁に近いこの頃ですので 冬タイヤに交換します。 ブリヂストン/ブリザックVRX2、 2シーズン目。 トレッドの点検も兼ねて、 マイナスドライバで小石取り。 刺さってる小石は、 リヤに履いてた方に多いです。 フロントで跳ね上げてリヤにグサっと 刺さるんだと思います。 無理せず、大きいのだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も、そろそろ・・・

今朝、少々早く職場に着いたら、 とうとう氷点下に。 多少霜降りてましたが、 夏タイヤで大丈夫でした。 来週の予報見てると、 雪だるま出てますし、 今週末、タイヤ交換予定です。 朝、ちょこっと充電しといても 暖房で喰うこの頃。 ちなみに補器バッテリ、 大体この位の電圧です。 始動時・・・14V 走行始めて・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、ルーム/ラゲッジランプLED化。

日も短くなってきました。 ルームランプとラゲッジランプ用に T10(31mm),T8(28mm)サイズのSMD/LED入手。 ワット数不明ですが、 同じワット数(8W)なら明るくなってるはずで 同じ明るさなら節電、という事になります。 12V車用 SMD24連 4×6 LED 基板 総発光数72発 ルームランプ ホワイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルブコア交換。

バイク乗る前に、フロントタイヤのエアを 2kPaに設定しても、一週間位経つと、 1kPa未満に減ります。 最近特に減り方が酷くなったので、 バルブ口に薄めた中性洗剤塗ると、 ゆっくりシャボン玉できます。 つまり・・・ ここから微妙~にエア漏れてます。 というわけで、 ムシ(バルブコア)交換しました。 クル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塗装後の研磨。

2018/10/13 磨いてみました。 先ずは洗車。 水掛かると目立ちません。 この後、ホルツの仕上げ用、 #1300と#2000使って、 液体の極細、超極細。 場所によって細目も。 ボンネットは、 磨くほど光る感じ。 場所によっては、 割といい感じですが、 多少ムラになってます。 気になったら後日。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研磨剤準備。

ルーフやボンネットの平面は、 液体コンパウンド、伸びが良いそうです。 余らせてるチューブ入りは、 ドアミラーと、局所的に気になった所へ 使ってみます。 仕上げ用サンドペーパーも準備。 #2000未満は使いたく無いですが、 状況に応じて。 液体コンパウンドは、 細目・・・7ミクロン 極細・・・1ミクロン 超極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塗装後の研磨計画。

直接眺めると、色の違いや 表面の感触に違和感ありますが、 こんな感じで撮影すると、 割と馴染んでます。 研磨フルコースだと、 #2000で水研ぎ⇒コンパウンド荒目⇒細目⇒極細 だと思うのですが、 粗いとこから始めると、 研ぎ過ぎる恐れあり。 塗装前に残ってしまった、大きな凸凹は 妥協、無理に解消しない事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リチウム電池入手。

クルマのバッテリでは無く、 単4のリチウム電池。 昔は高価でしたが、今では 気軽に買える値段。 以前、アルカリでは適さない、 と考えていた非常信号灯に最適。 発煙筒、期限切れにつき・・・ 車検近いですし、 入れ替えておきます。 守備範囲広い温特。 注意点は、電圧が1.8V、ちょい高めなので、 電圧の余裕無い回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスキングして塗装。

追加発注の塗料が届き、 急遽、マスキング作業。 車では、やった事無いので インチキ臭い養生。 ボディは何とかなりますが、 ガラスに付くのが心配。 一通り見渡すと・・・ アンテナ忘れてました。 (アンテナ塗ると素敵かも?) 余計な事せずに、ここもマスキング。 シリコンオフで塗装面拭いてから、 レディッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塗装前の下地作り。

天気が良いので、ツーリングの 誘いもありましたが、 劣化したクリア剥がし。 全然剥げません。 養生テープ効かず。 スクレーパー代わりの 定規で擦って粗削り。 #600で水研ぎ。 親水するので、 それなりな状態です。 ボンネットのこの辺目立ちますが、 迷うとこです。 塗装まで時間が空くので、 あまり触ると、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特注カラー届いて試し吹き。

普段荷物は職場受け取りが 多いのですが、今回の休みに 作業できるならと、宅配ボックス 受け取りにしていたら・・・ いつの間にか届いてました。 SOFT99、オーダーショップの特注色。 試し吹きしたいとこですが、 外は風が強くなり・・・後日。 今回も無理っぽいです。 この特注色、 塗る場所以外も退色していますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンク品で非常用電源。

停電に備え、非常用電源設備を 構築してみます。 Leaf2Home準備して、葉っぱさん繋いで あれやこれや・・・と色々できますが、 個人レベルでは費用対効果が あまり望めません。 最低限で。 補器類バッテリは、おさがり品に 載せ替えました。 使用5年近いバッテリ、もう捨てるか 迷ってましたが、これを家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーフ塗装・・・クリアの前に。

メタリック吹くのは難しいですが、 現状が酷いので、塗る事にします。 手順をメモ書き。 ①劣化したクリアをスクレーパや 養生テープなどで出来るだけ剥がす ②耐水ペーパがけ、脱脂 劣化クリアを全部落とすつもりで ③乾いたら養生 ④ボディ色の塗装 びーさんの助手席ドアに、 車体番号のプレート。 ボディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーフ塗装・・・計画。

ヴィッツの天井、 ボディのクリア層はげはげです。 紫外線による影響が大きいと 思われますが、傷みの広がり方を 眺めてると・・・ ひょっとしてウォッシャ液の 油膜取り成分の影響もあるかも? どうしようか考えてました。 そこで、ウレタンクリア塗装 してみます。 劣化した部分は極力、養生テープで 取り除く事にしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッテリの保温。

10数年前、北海道に住んでた頃 N13パルサーのバッテリに ちょっと細工してた事を思い出しました。 ボロ車がマイナス17℃でも一発始動、 雪山へ直行してました。 ちなみに、夏場もそのまま遮熱 されるようで有効でした。 百均の保温材で包んでみます。 当時のはグラスウールとアルミシート でしたが、そこまでこだわらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラレコ駐車監視、その後。

ドラレコの駐車監視、それなりに動いていますが、 次の乗車時、必ずUPSが電欠してます。 30分の設定で、30分後に監視が切れて UPSは電源供給してたのは確認しました。 その数時間後、UPS側が空になってますので 何処かで消費してます。 本日、職場に到着後、ドラレコのスライド スイッチをOFFにしました。駐車監視せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラレコUPS接続。

発注の品、 UPS300届きました。 単体で試すと、バックアップ側から うまく電流流れず。 出荷状態で充電されてない? DC12.2Vから充電開始するUPS300、 手元のモバイルバッテリは、 きっちりDC12.0V出力でしたので、 これは充電に使えません。 開放型・鉛蓄バッテリ用充電器を 直接繋いでみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、ドラレコUPS供給に向けて。

クルマ用のUPSが届く前に 配線を修正して、すぐ取り付けられる 準備します。 今のところ、駐車監視機能は使わなくて 良いのでドラレコの配線はシガープラグ供給に 一旦戻しておきました。 先ずはルームランプのヒューズより 取り出していた常時電源を 元に戻しました。 ここから取るのは はんかくさいので、 もうしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、常時電源利用の見直し。

ドラレコの駐車監視機能、クルマの常時電源を ダイレクトに使うのは止める事にしました。 ネット上でも多くの方がバッテリ上がりを 経験しているようですし、そうでなくても 寿命に影響するダメージ与えるのが確実。 メーカは小さな文字で注意書きを 書いていますが、冷静に考えると 無謀な使い方。 そこで・・・ クルマ用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、補器類バッテリ上がり。

昨日の電圧計を取り付けて始動させようと しますが、何か様子が変で・・・ メータ内に!表示。 ガコンって鳴らず・・・ エンジン車のような症状では無いので すぐ判りませんでしたが、これって・・・ バッテリ上がり! その後、ドラレコから、電圧が規定以下まで 低下したので録画を停止の音声ガイド。 補器類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、補器類バッテリ電圧計測用に。

バイクのレギュレーター状態調査で 取り付けてた電圧計をクルマ用として シガープラグ付けてみました。 ジェネレーター三相化計画(電圧計取付) バイクで今度使うのは 電装系の入れ替え時なので、 今のところ未定ですが、 使う時は、シガージャック 装備する事にします。 モバイルバッテリで動作テスト。 当然ながら・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、リヤカメラ配線修正。

常時電源の配線の暴れを気にしていたら、 リヤカメラの配線が気になります。 特に右後。 それは・・・ 最もインチキ臭い取り回し部分でした。 余った配線抑えつけても、 やっぱりこれじゃダメです。 そりゃそうです。 もう怖くないので・・・ じゃんじゃん剥がしてみました。 保安部品の配線通っている部分、 ここに混ぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉っぱさん、ドラレコ常時監視へ。

配線は準備済み、グローブボックスを 外したので、次はピラーのカバー外し。 内貼剥がしでこじって、 ここまでは抜けました。 この後、上に引けば外れるはずなのですが うまく抜けず。 この状態でも配線が通りそうなので、 やってみたところ・・・ 予定通り通過。 念のため加工した二極カプラ化 ここで活躍。 アースは割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more