テーマ:ギター

充電待ちの演奏。

早速、充電待ちネタ第二弾。 葉っぱさんに象さん積んで、 エフェクター経由でミニアンプ。 以前、アクセサリ電源から給電して DC-ACコンバーター⇒ACアダプター (DC12V⇒AC100V⇒DC9V)では パルス系ノイズ乗ってダメでした。 で、例のDC5V⇒9Vに昇圧する USBケーブル使用。 スーパーオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DC5Vをエフェクター電源として活用。

ギターのエフェクターは006P/9V電池や ACアダプタでの動作が一般的ですが、 DC5V-DC9V変換ケーブル発見しました。 LANMU USB DC電源供給ケーブル 5V-9V/5V-12V 電源ケーブル USB→DC(外径5.5mm内径2.1mm)電源供給ケーブル 5.5*2.1と5.5*2.5通用 長さ1m(5V To…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ZO3にL500搭載。

余らせたままでしたので、 ビルローレンスのL500、再び使ってみます。 右上に見えるダンカンSSL1の箱に 入れて長い間、眠ってました。 Bill Lawrence L-500価格:10800円(税込、送料別) (2018/6/25時点) 象さんとの組み合わせは、 以前も試していて、 パラレル接続が好みですが、 今回は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター部屋、カーテンレール取り付け。

準備したカーテンレールの配色は、 1950年代のアメリカを感じるブロンドっぽい、 マリーケイのストラト色。 これに、1960年代ブリティッシュな パネルを掛ける事になりますが・・・ タイムレスな感じで。 壁の下地は確認済み。 眺めてると・・・ 突っ張り棒で無理矢理 ぶら下げてるミラーレース、 恰好悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター部屋、カーテンレール取り付け・・・準備中。

2018/3/17 ミラーレースのカーテン取り付けただけの ギター部屋でしたが、西日が当たるのと 夜は結構丸見えなので、 もう少し何とかしたいと考えていました。 確か80cm幅です。 カーテン追加じゃなくても、 何か被されば良いので、 壁掛け位置を迷っていた・・・ これを使えないか考え中。 学生時代、大事にしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機能別エフェクトボードの検討。

楽器関連、書籍類を除いてほぼ引越したので、 エフェクター類を即使える構成にと、 考えています。 まだまだ眠っている品がありますが、 主要なとこで検討。 ①EG用 メサブギVツインはドライブチャネルしか 使いませんので、ほぼエレキ用で、 このへんも一緒に。 いつものメインに収めるとして・・・ ②AG用 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギターアンプ、ジャック交換。

基板に配置されたジャック、 ほぼ相当品を入手。 外観を目視した限りでは、 似ている構造です。 ピンは2本余るので、 折り曲げる事にしました。 スルメ使って半田吸い取り、 結構苦戦。この後抜けました。 半田は例によって、 ケスター、銀入りです。 違いは不明、おまじない。 音響用ハンダ KESTER44 2m切り売りC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/4インチジャックを探す。

壊れたアンプの入力プラグ、 ヘッドホンジャックと入れ替えで 良いか見ましたが・・・若干違います。 基盤取り付け型、同一品なら楽ですが、 別なタイプだと、ピン配置がどうなのか、 結構厄介になります。 ここのマル信無線電機「MJ-188LPD-8」 限りなく近いのですが、 http://www.garrettaudi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンプ動作検証。

壊れたアンプ、チューブの予備が出てきて 刺してみますが、交換前と似た症状で、 ボリューム可変で反応するノイズ。 手元の3本のうち、1本は明らかな不良。 2本は何となく増幅してる感触あります。 という事は、 エフェクトループのリターン側から ギター入力すると・・・ 音出ました! 但し、当然ながらコントロール類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメスタのテレキャスとチューブアンプ。

友人のテレキャス借りました。 (ザストを貸し出して交換してます) アメリカン・スタンダード・テレキャスター。 確か1990年前後製。 オクターブピッチが正確な6wayブリッジ シャーラーのロックピンが純正装備品。 トラスロッドはヘッド側で調整タイプ (効きが良い) トーンがセンタークリック付きの TBXコントロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター引越し。

実家にて、借りてたカーテンを戻しに。 そして、運びたい物は沢山あります。 先ずは、リイシューですが、 フェンダー伝統のスパゲティロゴ・・・ 1957年復刻ストラト 管理が悪いので、 ツイードのケース、カビカビです。 ついでにベルデンケーブルも。 あの借家ほどではありませんが、 置いてた実家の部屋の環境も あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越し5日目。

明日の予定と聞いていましたが、 本日、土間コン工事でした。 勝手口が大活躍。 借家の鍵を返却。 大家さんのチェックOK。 月半ばでしたが、日割り分で 足は出ませんでした。 買い物済ませて帰宅すると、 土間コン工事完了。 エアコン室外機が ブロックに載ったままでも、 大丈夫との事でした。 問題は、 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越し初日。

いよいよ新居へ。 当然ながら、ばっちりです。 収納扉との干渉も無く、 高さが指定通り。 間隔の確認は、他も運んでからに なりますが、大丈夫でしょう。 (あんまり余計な事かまけてると 進まないので・・・次) 小さいほうのファンコンベクタ。 大きいのがリビング中央へ。 只今エアコン無いので、扇風機。 ファンコン、こ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

引越し前夜。

明日、新居引き渡しで、 明日から引越し開始。 借家に付けていたLED電球は 全て昭和規格な電球に戻しました。 戻して感じます。 LEDナツメ球、5W⇒0.5Wとは思えない 明るさでした。(只今暗い・・・) 【送料無料】LED電球 ナツメ球/常夜灯型 LEDナツメ球 クリア 0.5W E12 電球色 LDT1L-H-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内覧会前にちょっと打ち合わせ。

内覧会始まる少し前、 宅配ボックスと、ギターハンガーの 取り付け位置決め打ち合わせ。 本日、初めて中へ。 カームメイプルの床。 化粧板ではありますが、 ちょっとキルティッドな部分も あり満足です。 コンセントには、 LANの配管のみ。 諸事情で光回線は数ヶ月後、 必要になってから、ゆっくり配線組みます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要望した箇所について。

詳しい状況を直接見ていませんが、 かなり仕上がっているようです。 ボード貼り前の写真ですが、 リクエストした補強が見えます。 ギターハンガー取り付け用の裏板。 無くても多分大丈夫ですが、折角なので 頑丈にしてもらいました。 3本分の予定です。 日産で急速充電メインなので、 現状、あまり使わない予定ですが、 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールドチャンプbyトーカイのメンテ。

部屋を整理して、やっと発掘。 フェンダー・チャンプの東海楽器コピーモデル。 コピーモデルでも30年以上前の品。 音は出ましたが、ガリ多数。 ヴォリュームガチャガチャやって、 トーンも同様にやりますが、 ガリガリ音が止まらず。 マスターVol.を引いてナチュラルドライヴ するはずが、逆に音が小さくなってしまう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザスト、イメチェン開始。

黒白黒の3plyピックガードが、 もの凄い巨大な箱で届きました。 フェンダーUSA純正です。 時代によって、裏面のアルミシールドの 貼り方が違いますが、 裏面は、こんな感じでした。 リプレイス品でもちゃんと貼ってました。 ちなみにザスト純正品は、 隙間無く全面シールド。 たいした違いではないので、このまま。 バイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザスト、イメチェン計画。

金メッキも復活した ザストですが、 見慣れた外見に手を 加えたくなってきました。 製造されてから37年、 ボディ同色のマッチングヘッドなんて 今では当たり前ですが、あの当時、 元祖フェンダーでは 珍しく、憧れました。 その後、フェンダージャパンから カスタムストラト的なラインナップが 出始めていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザストの輝き再び~補修作業編。

錆落としのため、 食用酢に漬けてみました。 十数分漬けて 水洗いしてみると、 こんな感じで反応。 赤錆は抜けました。 2000番のサンドペーパーと、 付属の金属磨きで、 ひたすら磨き・・・ 磨き続けて・・・ ブラスの地金が光ると金色なので、 メッキ取れても違いが判り難いです。 だいぶ光ってきました。 表面の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザストの輝き再び~準備編。

1980年製のThe STRAT、通称ザストの ハードウェアは22金メッキですが、 禿はげです。 特徴的なブリッジ周辺も、 擦れる部分を中心に剥げてます。 ネックジョイント部は、 縁を中心に剥げてます。 ちなみに1970年代は3点留めでしたので、 この前期型ザストあたりから4点留め復活。 再めっき出来ないか探してた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

実家に残してた物。

年末年始、まったりと過ごしましたが、 実家滞在中に色々と物色。 昨年、部品の準備が完了して そのままでした。 YZF-R1用レギュレータとコネクタ。 ゼファー用のレギュレータ配線が不安で、 カワサキZ系への流用実績のある、 MOS-FETタイプのレギュレータを準備してました。 変換ハーネスを作ってましたが、ロス無く …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30年前のフェンダージャパン・ストラト。

歌謡曲仕様に改造していた1986年製の フェンダージャパンストラト(実はミディアムスケール)、 もう、そんな用途では使わないので 元に戻す事にしました。 ネックコンディションは良好ですので、 まだまだ使えそうです。 純正シングルコイルピックアップは、 以前バンド仲間にくれてしまってたので、 ザストへ使って、こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京旅行2016、その⑥アメ横・御茶ノ水。

2016/11/20 アメヤ横丁へ。 上野から御徒町まで歩いてみました。 やはり混んでます。 何気なく見て、ちょっとした 掘り出し物を買いました。 羊革のグローブ。\2,980⇒\1,080でした。 若干仕上げ悪い感じですが、 外縫いが手にジャストフィット。 バイク用だと問題無いでしょう。 化粧品なども、まと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激しく結露します。

最近、寒暖の差で部屋の湿気が激しく、 ストラトがびっしょりです。 1990年製の1957リイシュー。 リイシューとは言え、四半世紀が経過。 あの当時憧れたヴィンテージと同じ位の 年月経って音は更に良くなってます。 ネックはフェンダー純正じゃないので、 普通のラッカー塗装ですが、 ボディはニトロセルロースラッカー。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

象さん@葉っぱさん。

最近、象さん(ZO3:ミニギター)を 葉っぱさん(日産リーフ)に常備。 充電待ちで弾いてました。 (閉店している夜間時のみ、です。) やっぱりフル装備で弾きたいので、 ミニアンプとエフェクターボックス。 電源供給は、DC-ACコンバーター使用。 これでDC12V→AC100V。 メサブギのプリアンプへは、 AC10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原点回帰の味噌汁・・・料理日記No.777。

2014/5/10分 日曜の晩までは私の担当。 スーパーにあまり置いて無く、 少々探しました。 煮出すタイプ。 昆布は事前にうるがしてました。 只今、 手元に2本のヘンケルス。 長年使ってたのが奥。 手前の小さい方で足りるなら、 こちらをメインにしたいので、 久々にジャガイモの皮むき。 握りがトラッドなだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LEAFでZO3。

葉っぱ、未だ納車前ですが、 気になるのは充電待ち。 急速充電中の暇つぶしには、 車内音楽スタジオ化、と考えています。 ミニアンプ・エフェクト類の使用のため、 DC9V供給したいとこです。 只今DC-DCコンバータを発注しています。 USB端子DC5V給電から昇圧予定。 昇圧型DC/DCコンバータ5~25V可変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色変えてみました。

エフェクターのインジケータ、 赤、よくあるパターン。 赤色は需要も多く沢山出回って コスト安だったからです。 それが今では、 新発売当初は高価だった・・・ 青でも1個20円。 全部交換しても良いのですが、 ある程度、機能別に色分けしたいので、 空間系を青にしてみます。 分解すると、LED取り付け部分は 割と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

カールトンのセッション物2枚。

妹の車乗ったら、カッコいいとこが かかってました。 (何故かカールトン好きな妹) 早速借りてます。 丁度聴いた後半が、 オルガンの音に包まれたシャッフル、 気持ちいい~ブギでした。 TalkToYourDaughter カールトンwithロベンフォードLive in東京 こちら・・・激しいですね。 カール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more