プラグコード、長さ調整。

プラグ交換しても、未だ点火系が不安なこの頃。

タンク外してみました。
諸事情でヒューエルホース外したくないので、
シート外してタンクを後ろへ。

内側の錆状況チェック。
約40年経過していますが、大丈夫でしょう。
(垂れてるのは半端に塗った錆チェンジャーです、
本当はもっと塗っときたい)

本題、
カットしてないプラグコード、
キャブ上までかかって邪魔です。

純正は、内側のシリンダーが短くて
苦労した名残ですが、長過ぎるのは
良く無いので切ります。

イグニッションコイル側を抜いて、
20cmカット。

戻す際に思った事が2点。

・ケーブルが入っていかない
このテイラーケーブルは外径8mmで純正は7mm?
(イグニッションコイルはZ400GP用です)

・芯線細過ぎ
導電性の被覆付いてますが・・・接触怪しい?

本日暑い事もあって、シリコン被覆が
ふにゃふにゃなだけ?

全部等長にカットして強引に押し込んで、
こんな感じに。
まだ2番3番は長いんですけど前述の通り。

過去にプラグキャップとプラグコードの断線で
1気筒自然発火というトラブルがあり、
プラグキャップ周辺、一体型のコード使ってましたが、

イグニッションコイル側の接触が気になります。

・7mmケーブル
・NGKの例のキャップ

プラグキャップ-コード間は何とでもなりますので、
先ずは、イグニッションコイルに確実に刺さる
ケーブル準備したいと思います。

7mmケーブル、

プラグキャップはNGK、
1-4は短め、
LB05E NGK 一般プラグキャップ 黒 8332 JP店 - 株式会社ヒロチー商事 楽天市場店
LB05E NGK 一般プラグキャップ 黒 8332 JP店 - 株式会社ヒロチー商事 楽天市場店
2-3は、気休めですが、
放熱の関係で隙間空けたいので

他にも・・・
一次側のケーブルの接触も怪しいかも。
ポイント⇒トランジスタ点火に移行した際、
使ったケーブルが適切だったか不安。
(かなり大きな電流が流れる部分)

本日は触らずに。
何もしないのもメンテの一つ。

それとホーンが鳴らない・・・
(先日、はみ出してきた対向車にアピールできず)

端子グリグリしてみましたが鳴らず。
来年の車検まで配線点検します。



一通り発注してから・・・
スパイラルコアのシリコンケーブル
(テイラー製もそうですが)
これ使った場合の電極との接触に
疑問を持ちました。

極わずかなので刺しただけで
良いものなのか・・・

気になってしまって、結局・・・
例のやつにしました。
XY11を2本とLY11を2本。

こちらは外径7mmのはずなので問題無く刺さるはず。
(各色選べるパワーケーブルは8mm径)

こちらの品、過去に色々あったので、
それなりの対策を考え中。

コイル側の接続、
ケーブルの抜け止めが無いので、
ジョイント2個準備して、
この中の部品を使う事にします。

というわけで部品がダブってますが、
空冷エンジンの場合、このへんは
割りと傷みますので…予備。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント