FXバッテリ交換。

回復微弱充電器の恩恵で
丸4年使いました。
画像
バッテリ電圧、11.5V

それまでは、3年以上使えた事が
無いのと、先日上がる直前の
兆候があったので・・・交換。

台湾ユアサ、頑張りました。


バッテリ交換の前に、
ジェネレーター三相化
レギュレーターMOS-FET化
これを済ませてしまえば、
密閉型バッテリ化が可能でした。

現物合わせが必要ですが、
作成したハーネス類と
部品
は全て揃っていますが・・・

今回も見送ります。

自信無いので、暇をみて、
今一度配線見直します。

電気的な効率悪いとは思いつつ・・・
今は、もうちょっと、このままで。

そして、
画像
発注してたバッテリー届きました。



こまめに管理できれば、
この価格帯の品で
大丈夫かと思います。

電解液をアッパーレベルまで入れて
思い出しました・・・
画像
あふれるかも?

この後、化学反応して電気発生しますが
その際、液面上がってくるはず。
後で考えます。

CCAの計測してみましたが、まだ十分
反応していないようでダメでした。後日。

車体に取り付け、回復微弱充電器接続。

あふれた時に流れ出る
ブリーザーパイプが車体下まで
伸びているのを確認。

今までのバッテリを計測。
画像
12.6V

アナログテスタと若干違ってました。
画像
138CCA

基準がはっきり判りません。

後日、新品も計測して
比較してみます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック